KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

長財布vs二つ折り財布

僕は長財布が好きだった。

お札を曲げずに入れられる

あの絶妙なスペースが特に。

 

しかし、社会人になって

ズボンのポケットに財布を

入れてみて思った。

 

長財布ってデカ過ぎない?

 

これまでの人生で10年以上

長財布を使ってきてはじめて思った。

もちろん、長財布の中には

薄いものも存在しているのだが、

どうせならこのタイミングで

二つ折り財布も試してみようと思い

Amazonで購入してみた。

 

目次

 

カード入れすぎ問題

人間は空いているスペースがあると

埋めたくなるという性質がある

というのは前田裕二さんの

「メモの魔力」を読んだ人なら

分かると思う。

 

僕もまさにそうだった。

以前使っていた長財布には

16枚のカードを入れる

スペースがあった。

そのスペースを全て埋めようと、

ポイントカードや身分証明書で

16枚分のスペースを

全て埋めてしまった。笑

 

その分、財布は重くなるし、

厚みも出てくる。

本来、常時していたいカードなんて

10枚もないにもかかわらず。

 

これが悪化すると

机の引き出しや

部屋の空きスペースなどに

どんどんモノを置いていって

しまうのかもしれない。

 

そういう性質がある人は

気を付けた方がいい。

 

僕が購入した二つ折り財布も

カード16枚分のスペースがあるが

そのうち8枚は取り出しにくい構造に

なっているため、

スタメンカードは8枚に絞った。

(それでも多いが。笑)

ポンタカードやTカードは

スマホアプリでも呈示できるので

持つ必要はなくなった。

 

呈示するのがめんどくさかったり

時間が掛かるようであれば

ポイントなどもういらない。

というスタンスでいく。

 

大きさは約半分に

二つ折り財布にしてから

ポケットから取り出しやすくなった。

以前使っていた長財布に比べて

サイズは約半分。

当然の如くこれがメリットだった。

 

ただし

・お札を曲げたくない

・長財布=金持ちになれる

 という迷信を信じている

 

という人には積極的に

オススメしない。笑

 

やはり何事も人には

合う・合わないがあるから。

 

僕は長財布を買い替えようと

思ったときに1万円くらい

するやつを買おうと思っていたが

何だかバカバカしくなって止めた。

 

そんなに稼いでいないのに

モノで自己顕示欲を満たしても

仕方ないからである。

 

※自己肯定感の底上げには

 なると思うが、僕にとっては

 財布=普通に使えればいい、

 というスタンスなので。笑

 

最後に二つ折り財布のリンク掲載。

値段は約2,000円ほどで、

僕はAmazonポイントだけで

購入した。笑

 

 

現状、この財布で満足しているので

しばらく愛用しようと思う。