KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

100-300-1000の法則

先日紹介した書籍

「アウトプット大全」

ブログについて言及があったので

紹介しておきたい。

 

紹介記事はコチラ。

www.kinyokumens.com

 

著者の樺沢先生によると

ブログには

「100-300-1000の法則」

というものが存在しているらしい。

 

今日はこの法則について

お話していきたいと思います。

 

目次

 

記事の数

既に察している方もいると思う。

 

この「100-300-1000」という

数字はブログにおける

「記事の数」である。

 

樺沢先生曰く、

この記事数の前後において、

ブログのレベルアップが

存在するんだとか。

その指標が

100記事前後

300記事前後

1,000記事前後

にあるという。

 

僕はつい最近、

100記事を達成したことで

謎の達成感に包まれていたのだが

再び気を引き締め直そうと思う。

 

樺沢先生は

「100記事は最低ライン」

としており、

「ブレイクしたいのなら

 3年は続ける必要がある。」

とのこと。

 

1,000記事以上あれば

Googleの検索エンジンで評価が上がる。

(ただし、良質な記事に限る)

しかも、3年で1,000本となると

3年くらいの毎日更新が必要である。笑

 

本気でブログにコミットする他ない。

 

記事数の目安

 

100記事

固定ファンがつき、毎日ある程度の人に読んでもらえるように 

 

300記事

検索エンジン経由のアクセスが増える

 

1,000記事

「いいブログ」「人気ブログ」認定、月間数万~10万PVも

 

樺沢紫苑著「アウトプット大全」2018年 サンクチュアリ出版

264頁より

 

もちろん、これは

絶対的な指標ではなく

樺沢先生の掲げる目安であり、

これ以上に記事を書いても

アクセスが少ないこともあれば

これよりも少ない記事数で

注目を集めることもあると思う。

 

記事数が多くとも

内容が薄っぺらいものでは

人はアクセスしてこない。

 

とはいえ、これを見れば

100記事で満足するようでは

まだまだだと思い知らされる。笑

 

ブログにおけるアウトプットで

100記事というのは

恐らくスタートラインに

過ぎないのかもしれない。

 

ヒットを考える

ブログを100本書く、

ということはブログを野球に

見立ててみると

100回打席に立ったということ。

 

その中で僕はヒットを

打てたのだろうか。

 

ブログのヒットの定義は人によって

違うと思う。

バズらなければ意味がない、

という人もいるだろうし。

 

僕が考える「ブログのヒット」は

1つでもはてなブックマークが

付くことである。

 

多くの人にウケるのではなく、

僕の記事を読んだ誰か1人でも

いいからはてなブックマークに

登録するくらい感銘を受けたのであれば

その記事は「ヒット」だと思っている。

 

このブログの記事は

何度かはてなブックマークを

押されている。

 

このヒット基準であれば

打率はそう悪くない。

 

はてなブックマークを

良質な記事の基準とするのは

もしかしたら浅はかなのかもしれない。

しかし、今後ただ記事数を

積み重ねるのではなくて

はてなブックマークの数も

意識しながら記事のレベルにも

こだわりたいと思う。

 

まずは楽しみながら

200本まで到達したい。