KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

関ヶ原・書評

関ケ原の戦い。

徳川家康と石田三成による

天下分け目の大決戦。

日本史の教科書によれば

徳川家康の勝利、で終わり。笑

 

なぜ勝ったのか?

までは分からない。

 

司馬遼太郎さんの

小説「関ヶ原」を読むと

なぜ家康が勝ったのか?

ということを深堀りして考察できる。

 

今回はそんな関ヶ原の戦いを

描いた小説、「関ヶ原」について

書評を記していく。

 

目次

 

決戦が注目されがち

関ヶ原の戦いそのものは

そんなに長くない。

最後の決戦だけが注目されがち。

 

時は豊臣秀吉の亡き後。

遂に織田信長の時代から

おとなしくしていた徳川家康が

動き出す。

 

その陰謀を阻止するべく、

石田三成が立ち上がる。

 

実際は徳川家康(東軍)と

石田三成(西軍)による

長期的な駆け引きが繰り広げられ

勝利は最後までどちらに転ぶか

分からなかったとされている。

 

調略をうまく用いた家康。

自分の決定を貫き通す三成。

歴史に「たられば」はないものの

あの時、三成が動いていれば…。

と思わずにはいられないシーンが

たくさんある。

 

最後の決戦は東軍の勝利を

決定づけたものだが、

そこに至るまでに

旧豊臣系大名が三成に従うか

家康に従うか、という迷いから

両者に内通しているという

もう誰も信じられなくなりそうな

ストーリーが展開される。

 

ストーリーの構成

本書は上・中・下で構成されている。

しかし、上・中はあくまでも

最後の決戦の布石に過ぎず

なかなか闘いが始まらないので

イライラする人もいるかもしれない。笑

 

また、本書を読むにあたって

前提知識が欲しい、という方は

新史太閤記(豊臣秀吉の小説)

覇王の家(徳川家康位の小説)

を読むとより理解が深まる。

 

上記の2冊については

既に当ブログで紹介済みである。

 

新史太閤記

www.kinyokumens.com

 

覇王の家

www.kinyokumens.com

 

関ヶ原はある種の悲劇で、

人が動く動機は

「義」によるものか、それとも

「利」によるものなのか、

ということが生生しく描かれている。

 

まとめ

登場人物がやたら多いので

やや混乱する可能性もある。笑

 

可能であれば東軍の誰、

西軍の誰、というように

メモを取っていると

読み進めるのは苦にならない。

 

この戦いの後に

徳川家康は約300年の歴史を

誇る江戸幕府を開くことになる。

 

なぜ、それほど長い間

政権を維持できたのか。

その原点とも言える徳川家康流の戦略が

この戦いには詰まっている。

 

「わしがこう言えば、

 世間はこう捉えるだろう」

発する言葉1つ1つが極めて

政治的な男である。

 

視点が章ごとに変化し、

多くの人物に焦点が当てられている。

 

戦い1つといっても、

人によっては意味付けと

位置づけが違うということが

よく分かる。

 

天下分け目の決戦に

興味のある方は読んでみてほしい。