KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

MaaSというキーワード

ビジネス用語解説編。

MaaSというキーワード、

目にしたことありますか?

 

最近のビジネス用語は

やたら英語を略称にしたものが

多いですよね。

 

MaaSもそんな感じで

Mobility as a Serviceの略称です。

簡単に訳すと

「サービスとしての移動」

となります。

 

これからの時代の交通手段の

進化・最適化を目指した潮流の中で

生まれた言葉と言えます。

 

今日はそんなMaaSについて

お話していきます。

 

目次

 

MaaSの定義のおさらい

冒頭で簡単に触れましたが

定義を確認していきましょう。

以下、総務省ウェブサイトより。

MaaSとは

電車やバス、飛行機など複数の交通手段を乗り継いで移動する際、それらを跨いだ移動ルートは検索可能となりましたが、予約や運賃の支払いは、各事業者に対して個別に行う必要があります。

このような仕組みを、手元のスマートフォン等から検索~予約~支払を一度に行えるように改めて、ユーザーの利便性を大幅に高めたり、また移動の効率化により都市部での交通渋滞や環境問題、地方での交通弱者対策などの問題の解決に役立てようとする考え方の上に立っているサービスがMaaSです。

引用元 http://www.mlit.go.jp/pri/kikanshi/pdf/2018/69_1.pdf

 

MaaSを考える

なんとなくですが、

移動における手間は

かなり省けそうな気がします。

 

例えば

・虫歯になったので

 歯医者に行きたい

・ご飯を食べに行きたい

・携帯に不具合が生じたので

 携帯ショップに行きたい

 

というような「外出したい」時。

可能な限り近くで、

空いている場所を

提案・予約してくれる

ようになると思います。

 

現状でも、GoogleMapでは

目的地を設定すると

「大変混雑しています」などの

タイムリーな情報が出るように

なっており、実現しやすいのでは

ないかと考えます。

 

車で外出する身としては

空いている駐車場を教えてくれる

サービス等が出現してくれると

有難いですね。

 

移動で困ったこと、

不便に思ったことありませんか?

MaaSはそんな問題を

解決してくれるかもしれません。

 

まとめ

新しい技術やサービスが

出現するたびに、それらを総称した

新しい用語が生まれます。

5G、IoT、ブロックチェーン。

今回紹介したMaaSも同じく。

 

特に変化の激しい現代。

こういった用語を

「なんか難しそうだから」

という理由だけで避けずに

勉強していきたいものですね。

 

最新技術を理解するには、

まずは概念から。

一緒に勉強していきましょう!