KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

プロテイン事情

僕は中学時代、駅伝の

学校代表だった。

その複利効果として

「やーい、ガリガリ!」

とイジられていた。

 

何て割に合わないんだ!

と思いつつ、僕は決心した。

体重を増やして筋肉をつけて

二度とガリガリと

言われないようにしよう。と。

 

目次

 

高校時代

高校時代は陸上部に所属。

親にプロテインを買ってもらったり

小遣いでプロテインを買ったりした。

 

当時の僕はネット通販の

存在を知らなかった。

Amazonなどで安くて大容量の

プロテインを買わずに

近所のドラッグストアで

プロテインを買っていた。

(懐かしい。笑)

 

 

当時は

「プロテインと言えばザバス!」

と言わんばかり。プロテインは

ザバスばかり飲んでいた。

体重を増やしたいあまり

ウエイトUP系のものを

好んで飲んでいた。

 

今の僕なら当時よりは

もう少し知識があるので

粉飴を注文して飲むだろう。

 

大学

大学は特にサークルも部活も

やっていなかった。

それでも脳裏には

中学時代、ガリガリという

だけでイジられた過去が

こびりついていた。

 

もうすでに、高校時代に

ガリガリは卒業していたので

心配する必要はそんなになかった。

 

しかし、ジムに行って

筋トレはしっかりやっていた。

 

そして

Amazonを知ってしまった。笑

バイト代をプロテインに注ぐ

というヤバい大学生が爆誕した。

 

大学時代に飲んできた

プロテインを紹介しようと思う。

 

チャンピオンの

「ヘビーウエイトゲイナー」

 

 

牛乳で割って飲むと

約900kcal摂取できるという、

体重増加を希望する者に

とってまさに神。

 

しかし、肝心のたんぱく質

配合量はそんなに多くない。

そもそも僕は乳糖不耐症で

牛乳が飲めない、

ということもあり

再度注文することはなかった。

 

ゲイナーじゃないバージョンの

プロテインはおススメ。

たんぱく質も多めで美味い。

当時は5、6千円くらいしたが

今はもう少し安くなっている。

チョコレートブラウニー味が

好きだった。(甘党)

 

 

コスパ追及

やがて僕はプロテインに対して

バイト代も節約したかったため

コスパを意識し始めた。

 

可能な限り安く、

美味しい物を飲みたいという

わがままなヤツに

なり果ててしまった。笑

 

オプティマムニュートリションシェイク

は当時の僕にとっては破格の値段だった。

 

 

Amazonでの相場は

大体4千円前後。

量は1.95kg。

味は美味い。

チャンピオンに似て甘い。

僕はしばらくこれを

リピートしていたのだが、

やがて人気が出たのか

値段が5千円代になってしまい

別のプロテインを探すようになった。

 

そして

しばらくエクスプロージョンの

プロテインシリーズにハマる。

約6千円で3kgという

圧倒的コスパ。

味はお世辞にも美味しいとは

言えないが、普通に飲める。

 

メープル味とか、

ストロベリー味。

メロン味など。

バリエーションが豊富で

注文するたびに

ワクワクしたのを覚えている。

(そんなに美味しくなかったけど)

 

しかし、そんな僕は

とうとう僕はAmazonで

満足できなくなってしまう。笑

 

iherbという魔境

僕は去年くらいにようやく

知ったのだがiherbという

通販サイトがある。

 

jp.iherb.com

 

Amazonで取り扱っていない

・アシュワガンダ

等のサプリメントも

取り扱っていて、現状だと

僕は毎月何かしら注文するくらい

重宝している。

 

健康・運動オタクにとっては

完全に魔境である。笑

 

僕はここでコンバットの

プロテインを買った。

 

www.iherb.com

 

当時、セールもしていて

3.6kgのプロテインが

6千円くらいで買えた。

 

当時は年末。僕は悟った。

「あ、サンタさんって、

 iherbのことだったのか。」

 

世の子供たちの夢を

壊してしまうかもしれないが

もう一度言おう。

サンタさんの正体はiherbだ。

 

しかもコンバットのプロテインは

様々なたんぱく質を配合しているのに

めちゃ美味い。

 

これが僕にとって

プロテインの最終結論。

と思われたのだが。

 

最終結論

僕はコンバットのプロテインを

飲んでて気になった。

あらゆるプロテインに

入っている人工甘味料である。

 

人工甘味料は身体に良くないと

言われていて、

砂糖の方がマシ、と言う人も

いるくらいである。

 

何にせよ健康にうるさい僕は

この人工甘味料が気になった。

ほとんどのプロテインに入っている。

 

これじゃあ、

カロリーゼロコーラに

たんぱく質溶かして

飲んでるのと変わらないのでは?

という結論に至った。

 

味が美味しいというのは

非常に魅力的で

何ならプロテインのおかげで

運動のモチベーションが

喚起されている節もあった。

 

それでもやはり、

僕個人は人工甘味料を

支持できない、という結論に至った。

 

そして、最終結論として

このプロテインを飲んでいる。

ボディウイングの無添加。

内容量はたんぱく質のみ。

1kgずつ小分けパックの

3kg入り。6千円弱。

 

味はこれまでの人生で

美味しいプロテインばかり

飲んできた人にとっては

悲鳴を上げるレベルに違いない。笑

 

僕はこのシンプルな味は

嫌いではない。

逆に、

今までのプロテインは甘すぎた。

多分、ゆとり教育ぐらい

甘かったのではないかと思う。

 

これが最終結論。

Twitterで僕と絡む人は

これを飲んでいる人が多い。

やはり健康を意識する人達にとって

人工甘味料不使用というのは

かなり魅力的だと言える。

 

これからもいろんな

飲み物、食べ物は美味しく

進化していくと思うが

それが人体にどのような影響を

及ぼすのか、ということは

しっかりと把握しておきたい。