KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

LIFE SHIFT・書評

「LIFE SHIFT」

100年時代の人生戦略

という本を読んだ。

 

これまでの生き方のモデルでは

教育のステージ

仕事のステージ

引退のステージ

という3ステージの人生設計が

当たり前のように

まかり通っていた。

 

しかし、これからは

人生100年時代である。

もちろん、誰もが100歳まで

生きるわけではないが、

平均寿命が100歳まで

伸びるだろう、と言われていて

特に今の若い世代は

間違いなくそうなると

言われている。

 

そんな未来を予測した1冊を

今日は紹介しようと思う。

 

目次

 

誰も守ってくれない

先程述べた人生の3ステージが

今後はごちゃ混ぜになると

考えられている。

 

若いうちから起業して

働く人もいれば

引退のステージを迎えてから

勉強に励む人もいる。

 

これまで順序の決まっていた

3ステージが

自由に展開されると思う。

 

特に最近は経団連会長が

「終身雇用を続けるのは難しい」

という発言をしたこともあり、

1つの組織に依存する働き方は

もはや脱するべきである。

 

副業なりして、

可能な限り収入源を確保すること。

 

年金も僕らが歳を取る頃には

支給開始年齢が80代に

なってるかもしれないし、

あまり大きな金額は期待できない。

 

誰かが守ってくれる

というのはもはや幻想で、

こうやって現実を見ながら

ブログを書いて小遣いを

稼いでいく。というのが

現状、僕なりのLIFE SHIFT

である。笑

 

社会人をやりながら

ブログを書くということは

不可能ではない。

主体的に考えて何かしら

動いていく必要がある。

 

様々な人生モデル

1940年頃に生まれた人

1970年頃に生まれた人

2000年頃に生まれた人

 

というように

これまでの人類が

歩んできた人生設計モデルと

これからの人生設計モデルを

予想しながら

本書では述べられている。

 

老後にどれくらいの

お金が必要か?

 

勤労年齢は何歳まで

伸びるのか?

 

仮説を立てながら

検証している。

寿命が延びる時代においては

可能な限り健康を維持し、

寿命が延びた分の豊かさを

享受すること。

を本書では推奨している。

 

100年時代と言っても

怠惰で堕落した生活を

送っていた場合は

早死にするリスクの方が

全然大きいと言える。

 

若者から親世代までオススメ

この本をどの層向けに

紹介したいかと言うと、

これからの人生100年時代を

生きていく若者。

 

本書の言葉の難易度、

本書を通して

人生についてじっくり考える

時間が取れそうな大学生に

オススメしたい。

 

或いは親が子どもに、

主体的に人生を設計してほしい

と思うなら、親世代が読んで

子どもに還元するのもいいと思う。

 

とにかく予想がつかない

これからの未来。

分かっているのは

寿命が延びるということ。

 

LIFE SHIFTを読みながら

21世紀をどう生きるかを

考えてみよう。