KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

もう1冊のビジネス書よりも

ビジネス書を買いまくって

全く行動しない人は

ビジネス書を買うという行為で

満足してしまっている。

 

ビジネス書を読んだら

とりあえず1つは実行するか

継続して取り組んでみた方がいい。

 

ビジネス書はただ読むだけでは

自己投資にならない。

 

もしかしたら多くの人が

これに該当するかもしれないが

もう1冊のビジネス書よりも

何か1つアクションを起こす方が

現状は打破できる可能性が高い。

 

目次

 

行動を前提にする

ビジネス書は行動を前提にする。

読んだだけで気持ちよくなる

という危険な構成で

文章が組み立てられている

ということを理解しておく。

 

健康本なら、その本に

書いてある健康法を

実践しない限り

身体には何の変化も起きない。

 

受験勉強と同じ。

参考書だけ買って開かなかったら

頭には何の変化も起きない。

 

今、自己啓発市場が熱い

という話を聞く。

つまり、そういう書籍を出せば

売れるのである。

 

一方で、本当に必要とされているのは

もう1冊のビジネス書よりも

もう1つのアクションである。

 

既存購入のビジネス書で

変われなかった場合、

更に購入しても

変われない可能性は高い。

 

「読むけど何もしない」から

「実際に行動してみる」

というコアの部分さえ変わればいい。

 

自己洗脳にはいい

ビジネス書を読むだけでは

全く意味がないかというと

そうでもない。

 

読むだけでももちろん、

得られるものはある。

 

自分をビジネス書のような

考え方で支配することができる。

いわば洗脳である。

僕もこれにより

無理やりネガティブ思考だったのを

ポジティブ思考に転換させた。笑

 

大学4年間、大学の図書館にある

ビジネス書を片っ端から全部読んだ。

 

数年という長い時間、

毎日ポジティブな言葉に

触れていると、変わらざるを得ない。

 

もちろん、ネガティブが完全に

悪いわけではない。

過度なポジティブが危険なように

リスクはリスクとして

ネガティブに評価すべき。

 

そういう意味では

いろんなことを都合よく

解釈するようになったが、

結果として生きやすくなった。

 

このブログもどこか

自己啓発めいた文章であるが

恐らくその影響を受けている。笑

 

ビジネス書の活用方法は

様々であるが、

1冊を徹底的に実践するか

1冊1アクションでいいと思う。

 

1冊読むごとに自分に

確実な変化を起こすなら後者。

 

もう1冊のビジネス書を買うお金。

その自己投資は本当に回収できる

投資なのだろうか。

今一度、考え直して

そのお金でどこかに行って

行動した方がいいかもしれない。