KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

「量」と「質」の議論

結果を出したやつは

量をこなしている。

 

量じゃない、質が大事。

 

「どっちやねん。笑」と

突っ込みたくなるこの議論。

 

僕が思うに、この議論の答えは

とっくに出ているのだが

未だにこの議論は絶えない。

 

結論から先に言っておくと

「量×質」である。

どちらも大事。

ありきたりな答えかもしれない。

でもこれが現実である。

 

目次

 

どちらも重要な理由

量をこなしても結果が出ない

ということはたくさんある。

 

それは勉強かもしれないし

スポーツの試合で勝てないこと

かもしれない。

就活で100社以上受けたけど

1社も内定を貰えないこと

かもしれない。

 

やった分だけ結果が出るかというと

NOということになる。

 

どの世界にも「正しい努力」

というものが存在していて

人はそれを「質」と呼ぶ。

 

これによって導き出されるのが

「量×質=成果」である。

 

数値化して考えてみる。

1という質で10の量をこなしても

成果は10である。

 

10という質で10の量をこなすと

成果は100。

 

数値化したので分かりにくいが

これを勉強やスポーツで

置き換えてみると分かると思う。

 

成果を出す人と出せない人は

同じ量をこなしても

とんでもない差が開いてしまう。

 

質が違う。もしかしたら

生まれ持った才能というのも

質を左右するかもしれない。

 

同じ時間の勉強でも

同じ大学に合格する人と

不合格になる人がいるのは

量×質という方程式の結果である。

 

もちろん、この方程式には

勉強の環境とか時代背景とか

本人の持つ資質とか

あらゆるものが排除されている。

 

とはいえ、大まかにであれば

量×質で大体説明ができる。

 

量×質を意識する

成果を出したいとすれば

量と質の両輪を意識して

行動を回していくしかない。

 

 

ブログならまず、

できる範囲のクオリティで

定期的に更新していく。

 

量をこなすことで

 

・タイピングのスピード上昇

・ネタ収集のノウハウ

・文章の書き方

・自信

・自分なりの記事の型

 

がやがて手に入る。

 

これらが手に入れば

自ずと質も上がるだろうし、

より短時間で同じ量を

こなせるようになる。

 

量質転化の法則でも述べた。

www.kinyokumens.com

 

ブロガー界の上層にいる方々

というのは紛れもなく量を

こなしている。

 

参考までに言うと

イケダハヤトさんは

10,000本以上の記事を書いている。

 

プロブロガーが

「ブログは稼げる」と言うが

それはきっと楽ではない。

じゃなきゃ1万本も書かない。

 

とにかく、一見無駄に思えても

積み重ねるしかないのである。

 

凡人の僕がこの量を

書く必要はないのだが、

上層の人がこれくらい

書いているのだからまずは

100本くらいは書いてみようと思う。

 

結局のところ、数をこなすことで

1本の記事を書くハードルそのものは

下がっていく。

(変なプロ意識さえ持たなければ。笑)

 

僕のような凡人はまず、

量が重要とか

質が重要とか偏る前に

「量×質」を意識して

試行回数をこなす。

それだけである。