KM's BLOG

自由に発信するブログ。

MENU

有益か否か

有益を意識しすぎると

ブログ記事は書けなくなる。

 

最近、Twitterを見ていても

 

・自己啓発系ツイートにウンザリ

・もっとどうでもいいこと

 呟いていいよ

 

という意見がチラホラ流れてくる。

つまり、

一見無益な情報には

「人間味」があって、

人によってはそれが

有益になりうるということである。

 

情報発信をする際、

有益かどうかを決めるのは

自分ではない。

 

相手に委ねられている。

だから勇気をもって

自分なりの「有益」を

捨ててみるのも手である。

 

目次

 

何がウケるか分からない

Youtubeとか見ると分かるけど

もはや何がウケるか分からない。

 

食べ物の咀嚼音だけで

稼ぐYoutuberも存在する。笑

(興味のある人は検索してほしい)

 

この場合、咀嚼音は

ニーズがある=有益なのである。

 

何にニーズがあるのか。

それは発信してみないと

分からない。

 

だから

「自分なりの有益」

という軸を1回捨てる。

 

もしかしたら、

あなたの考え方とか、

一見無益に思えることに

需要があるかもしれない。

 

こればかりは分からない。

発信してみないことには

永遠に分からない。

 

有益というモノサシは

人によって変わるということは

頭に入れておくといい。

 

そして、

自己啓発=有益

とは限らない。

ニーズがある=有益

ここを勘違いすると

固い文章しか書けなくなる。

 

このブログを振り返る

このブログが有益かどうかは

さておき。笑

 

自己改善を当初は中心に

発信していた。

 

ところが、

自己改善意外にも語りたいことが

とめどなく溢れてきたので

「雑記」というカテゴリに

括って発信してみた。

 

すると、読者・アクセスが

共に伸びた。

 

僕は最初、自己改善=有益

だと思っていたのだが

それ以上に僕の書く雑記の方が

ニーズがあり、有益だったのである。

 

こればかりは書いてみないと

分からない。

 

このような経験に基づけば

何がウケるかは分からないし、

何が求められているのかも、

まず記事を1本書いてみないと

分からないものだと思う。

 

幸い、雑記を書くのは大好きなので

ニーズと僕の好きなことが

マッチしていて今は

ブログを書くのが楽しい。

 

読者が何を求めているか。

それを探るには

いろいろ試行錯誤する他ない。

発信する情報を変えてみて、

アクセスの動き、はてなスター、

ブックマークが付くか否かを確認。

 

それを繰り返していく中で

自分の好きな発信とニーズが

噛みあうようになれば、

ブログを書くのが楽しい状態で

読者のニーズも満たせるという

無双状態になれる。

 

2016年に旧ブログを開設し、

この状態になるまで

3年かかった。笑

 

恐らく、最初からこの状態に

持ってくるのは難しいが、

ここまで来ると

ブログは全く苦行ではなくなる。

むしろブログ書かないと

落ち着かない。(病気。笑)

 

何が有益かを決めるのは

自分ではなく情報の受け手である。

何がウケるか分からないからこそ

いろんな自分を出して

発信してみてほしい。

ブログはテーマを絞って

書かないとダメというルールは

ないのだから。