KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

これからの鼻毛の話をしよう

鼻毛。

気が付いた時にはすでに遅し。

やつは鼻からチョロンと顔を出す。

 

「あれ?ちゃんとはさみで

 カットしたのに。」

そんな言い訳は通用しない。

 

僕たちは鼻毛をカットするはさみ

ではなく、鼻毛専用のカッターを

持つべきだと思うので

僕が使っている鼻毛カッターを

紹介する。

 

鼻毛という荒野

結論から言うとこの商品。

 

 

値段も安い。

電池さえいれれば動き出す。

あとはこれを

鼻の粘膜を傷つけない程度に

鼻の穴に入れるだけ。

 

鼻毛を徹底的に刈ってくれる。

まるで収穫の時期のように。

 

鼻毛という荒野は

時おりチョロンと顔を出して

人生100年時代の僕たちを

困らせることがしばしばある。

 

100年の間に何度も顔を

出されたらたまったもんじゃない。

 

定期的にパナソニックの

エチケットカッターで刈り取って

荒野に制裁を加えなければならない。

 

注意点としては

この商品は丸洗いができない。

少し洗いにくいところがある。

 

僕はこれを買った当時

お金がなかったのでこの商品にした。

値段は上がるけど

丸洗いできる商品も存在するので

是非検討してみてほしい。

 

脱毛はどうか

いっそ脱毛してしまう

という方法もある。

Amazonでも鼻毛脱毛用の

ブラジリアンワックスを

扱っている。

 

しかし、鼻毛というのは本来、

空気を吸い込んだ時に

ゴミをキャッチして

体内に入るのを防ぐ役割を

持っている。

 

つまり、鼻毛を根こそぎぶち抜く

ということは

鼻の中のガードマンを解雇する

ということである。

 

場合によっては

空気から吸った病原菌で

命の危険になることもあるらしい。

 

もちろん、

ブラジリアンワックスが

販売されている時点で

そういうことになる

可能性自体は低い。

 

とはいえ、怖い人は

鼻毛カットした方が無難である。

(僕も怖い。笑)

 

カットがめんどくさい人は

もうぶち抜くしかない。笑

 

いずれにせよ、

僕たちはこれからの鼻毛に

ついて真剣に考える必要がある。