KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

時間をデザインする

毎日何時間寝るか?

その時間は24時間の何%か?

 

意識してみると分かるが、

ショートスリーパーでもない限り

1日6~8時間は寝てるのではないか。

 

人によってはこれよりも

短眠ということもあると思うし、

ロングスリーパーならもっと寝る。

概ね推奨されているのは

6~8時間なので大体の人が

これくらい寝ていると仮定して

話を進めていく。

 

なお、今回の話は

睡眠に関する話ではない。笑

 

目次

 

時間のミクロとマクロ

毎日8時間寝るということは

1年のうち約120日くらい寝ている。

なぜなら8時間とは

24時間の約33%であり、

それを毎日続けたら1年の

約33%は睡眠ということになる。

 

もっと大きい規模で考える。

最近やたら「人生100年時代」

と言われているので

一生が100年としよう。

先程の割合を一生に当てはめよう。

すると、約33年は睡眠である。

 

よく

「歳を取ると睡眠時間が短くなる」

という話を聞くので

晩年に睡眠時間が減るとしても

25~30年くらいは

寝てる計算になる。

 

これは別に無駄ではない。

身体と脳を回復させるための

時間というのは人それぞれなので

そんなに寝て生きたくない!

とか思って

睡眠時間をむやみやたらに

減らすと逆に命が危ない。

 

逆に言えば毎日8時間寝る人は

人生で30年くらい寝るには

どう生きていけばいいのか

模索すると日々体力が

充実した状態で生きられるように思う。

 

ミクロ視点で見れば

1日8時間。

マクロ視点で見れば約33年分という

とんでもない重みの差。

 

物事の継続がいかに力を持つか、

というのも長期的視点があって

初めて見えてくるものである。

 

今日のデザイン=人生のデザイン

人生を彩るのは

与えられた時間で何をしたか。

 

友達と笑って過ごしたのか。

仕事で結果を出したのか。

スポーツで頂点を取ったのか。

毎日成長することを意識して生きたのか。

 

人生は十人十色で

幸せだろうと不幸だろうと

それぞれの形でデザインされていく。

 

目の前の1日をどう過ごすかが

一生を左右するかもしれない

という事実をどう捉えるか。

 

例えば、

1日1時間テレビを見る。

という行為を100年続けると

約4.2年くらいになる。

 

別にテレビを見るという行為が

ダメ、とか言いたいわけではない。

 

やりたいことがあったら

早くそれに時間を費やすようにしないと

自分の人生をいつのまにか

望まない方向性で

デザインしてしまって

どんどん作品が完成してしまうよ

という話。

 

過去には戻れない。

1度完成した作品は上塗りすることは

できるが消すことはできない。

 

残酷だが、そうなっている。

特に、毎日似たような時間を

過ごしている場合は

今日のデザインが人生の

デザインとなる可能性は高まる。

 

今日をどう彩るのか。

目の前の1時間は

人生単位で約4年の重みを持っている。

目の前の15分は

人生単位で約1年の重みを持っている。

 

逆に言えば

1日4分でも毎日やれば

1年で24時間になる。

 

時間を大切に。とか

TIME IS MONEY。は聞き飽きた。

※そもそもタイムイズマネーは

  時給脳である。と思うのは僕だけか。笑

  時間はお金以上の価値があると思う。

 

曖昧な言葉じゃなくて

目の前の時間を

ミクロ視点とマクロ視点の両方で

具体的な数字に換算して

捉えることが必要である。

 

目の前の時間が持つ価値。

そして意味を理解して

時間をデザインしよう。

それは人生のデザインだ。