KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

誰かにとっては1本目

たまたま今日書いた記事が

クオリティが低くて

テキトーに書いた記事だったとしよう。

 

すると、

今日獲得できたかもしれない

新規読者がせっかく初めて

ブログを訪れてくれても

「何だこのブログは。手抜きか。」

と言って去っていく。

 

もちろん、ブログは書くのは自由。

ただし、読者が欲しいとか

アクセスが欲しいという場合は

最低限のクオリティを

毎回維持していた方がいい。

 

あなたがテキトーに書いた

1本の記事は

誰かにとっては

初めて読む1本目の

あなたのブログの文章なのだから。

 

目次

 

読まれる前提

こんなこと書いても

誰も読まないから

書きたい放題書いてしまえ。

ということがある。

 

実際にブログを開設してみると

分かるけど、

恐ろしいくらいPVは増えない。

 

僕は旧ブログとTwitterからの

流入があったので

このブログのアクセスを何とか

獲得することができている。

(旧ブログは閉鎖しました。)

 

そもそもブログは読まれない。

だからと言って

読まれない前提で

あることないこと書いていると

たまたま訪れた人が

ファンになることはない。

 

やはり、

私はこういうことを

発信していますよ。

という、何かしらの有益性を

感じる記事というのは必要である。

共感を呼ぶような内容でもいい。

 

これは、アクセスが欲しい人の話で

アクセスとかどうでもいいという

ブログをただ書き続けていたい人は

全然自由に書いていいと思う。

 

アクセスが欲しい場合は

読まれない前提ではなく

読まれる前提で書く。

 

読まれない前提は

ブログのハードルを下げるには

役立つが、クオリティを

大きく損なう可能性が高い。

 

以前、気楽に書こうということを

発信したけど、

最低限のクオリティは保障しよう。

(アクセスが欲しければ。笑)

 

自分に当てはめて考える

自分に当てはめて

考えてみると分かりやすい。

 

このブログ、アリか無しか。

どういう基準を持っているか。

たとえ自分が興味を持っていない

内容のブログでも、

 

・デザインがいい

・読みやすい

・読者登録が多い

 

等の要素を見ると、

何となくこのブログはスゴイ

という風に思う。

 

たまたま訪れた人に

なんかこのブログはスゴイな

と思わせる。

 

たとえその人が

読者になってくれなくてもいい。

訪れる人達にそう思わせることが

何よりも大事。

 

自分が読者登録している、

あるいはよく読んでいる

ブログはどんなブログだろう。

 

最初に読んだ1本目の記事が

面白かった、勉強になったと

感じたからではないだろうか?

 

これは恐らく誰もが感じていること。

1日は24時間と限られている。

 

その中でできるだけ有益なブログを

読みたいと誰もが考える。

 

人によってはYoutubeへ飛んで

動画を見た方が暇つぶしとして

有益だと判断する。

 

つまり、基本的にブログには来ない。

 

しかし、

 

日々アクセスはあるのでブログに

需要があるのは確かなのである。

 

いつ何時に書く記事も

最低限のクオリティが

なければファン獲得の機会を

失うことになる。

 

アクセスが欲しい人

アクセスは読み手が存在して

成立する。

 

「俺が書けば皆読んでくれるぜ!」

 

というのは

芸能人、有名人、

インフルエンサーくらい

なので注意。

 

僕のような一般人が

そんな態度で記事を書いたら

たちまち読者は

このブログを去るだろう。

 

アクセスが欲しい人は

毎日更新よりも

最低限のクオリティ維持を

意識した方がいいかもしれない。

 

結局、毎日更新したところで

訪れる人のハートを掴めない

クオリティであれば

読者は定着しないからである。

 

もちろん、アクセスとか

どうでもいいという人は

自由に書いていい。

BANされない程度に。笑