KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

短く伝えるという強み

僕の究極な目標として

このブログをTwitterみたいにしたい。

 

「は?KMどうした?wwww」

と思うかもしれないけど。笑

 

物事を短い言葉で

分かりやすく伝えたい

という思いがある。

 

このブログでは様々な記事で

メッセージを発信してきたのだけれど

別に1000字以上書かなくても

伝えることができるのであれば

そちらの方がいいと思っている。

 

その点、Twitterは

140字という字数制限がある。

 

限られた文字数で

メッセージを発信しなければならない。

 

もちろん、その字数制限がないのが

ブログの魅力だとも言える。

 

それでも短く伝えるという

技術は欲しいものである。

 

目次

 

動画の長さ

ブログはオワコンという情報がある。

 

一方で、

僕のブログは日々読者が少しずつ

増えていっているので

全くそんなことは感じていない。笑

 

本当にオワコンなら、

新しくブログをはじめても

読者がつくはずがない。

 

ブログがオワコンと言われる所以は

これからの時代は動画だ!

という主張によるものらしい。

 

もちろん、そこにも僕は

手を打っていて、

Youtubeチャンネルを持っている。

最近は更新してないけど。笑

 

www.kinyokumens.com

 

ブログオワコン派の主張は

動画の方が視覚的、動的な

情報を伝えることができるので

テキストオンリーの

ブログよりも情報を伝える点で優位

という理論である。

 

これは間違ってはいない。

しかし、情報は聴くよりも

読んだ方が早い。

 

僕はラジオトークというアプリで

ブログの音声アウトプットも

行っているのでこの点がよく分かる。

 

www.kinyokumens.com

 

同じ情報を伝えるにしても

読むのに比べて音声・動画は

長いのである。

 

高速再生機能もあるが

人の音声によっては聴き取りづらい。

同じ情報はテキストでも

十分理解できる。

 

短く分かりやすく

とはいえ、動画は今伸び盛り。

5Gの時代もやってくる以上、

通信速度はもっと上がる。

 

今以上に動画の再生は

スムーズになるだろう。

 

とはいえ、

ブログもその恩恵は同じ。

アクセスが重かったブログも

アクセスしやすくなるだろうから。

 

そして先程述べた

動画の欠点は情報取得において

読むよりも時間が掛かること。

 

つまり、適切な情報を

分かりやすく短く伝えることができれば

情報スピードで動画に勝てる!

というのが僕の推測である。笑

 

もちろん、僕は動画もやっているので

動画に勝つ必要は全くない。笑

 

とはいえ、せっかくブログを

やっているのだから

オワコンにはしたくない。

 

そこで、ブログが生き残るには

どうするかを考える必要があった。

 

今、Youtubeを見ていない人は

ほとんどいないと思われる。

一方で、ブログを見ている人が

どれくらいいるだろうか。

 

Youtube人口とブログ人口では

圧倒的にYoutubeだろう。

 

恐らく、そういう意味でのオワコン。

ピークは去ったとでも

言いたかったのだと思う。

 

あくまで動画に比べて

訪れる人が少なくなるメディア、

くらいの認識でいいと思う。

 

現状、見てくれる人は全然いる。

そこまで悲観することもない。

 

悲観する暇があったら

生き残るために

動画に勝つための戦略を考えよう。

 

 

短く伝える

長文を書くブログを

批判しているわけではない。

長文は長文なりの需要が

確実に存在するので

その情報の濃さで

動画に立ち向かうことができるはず。

 

そもそも、

長文を書くブログは恐らく

僕には書けない。笑

 

僕には書けて3000字くらいが

限界だと思う。

 

現に、このブログではまだ

3000字を越えた記事がない。

 

でもそれがまた

僕の強みだと思っている。

 

各記事が3~5分くらいでサクッと読める。

3~5分くらいの動画に

対抗するにはこれくらいのサイズ感が

ちょうどいいのかもしれない。

 

重要なメッセージを

短く

分かりやすく

伝える。

 

今後も、それを意識して記事を書いていく。