KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

作業を分割する

人が1日にできる

物事の量は限られている。

 

というわけで

何らかの目標を立てる場合、

それらを1日でできるレベルまで

落とし込むというのは大事になる。

 

例えばある資格試験を受けるとして

200時間くらいの勉強が必要だとする。

 

試験までの時間を逆算しながら

1日どれくらいやればいいのかを

考えていく。

 

その際に自分ができるレベルまで

落としておかないと

ハードルが高すぎて1秒も

勉強できなくなるので

注意が必要だ。

 

目次

 

作業は分割する

基本的に作業は分割できる。

例えば

ブログ記事を書く

という作業を分解すると

 

➀ネタ集め

➁実際に書く

 

僕の場合ざっくりこんな感じである。

 

僕はハードルを下げるために

毎日➀ができればOKということに

している。

 

➁というのは

1日PCに触れない環境にいる場合

ほぼできない。

※スマホで書くなら無理でもないか。笑

 

そして何より、そもそも

➀がないことには➁はできない。

 

僕の場合は➀ができる=ブログ書ける

に等しいのである。笑

 

➀が溜まれば一日に数本書くことも可能。

(ただし、疲れる。笑)

 

この例で

ブログを書くという作業を

1日1つずつやるとすれば

2.3日で1本書けることになる。

 

何も一気に仕上げる必要はない。

ブログは誰かに提出する書類ではないので

1日1本とかではなく

毎日少しずつ文字を追加していって

大作を作ってみるのもアリだと思う。

 

最初の作業をやれば大体勝ち

運動というのは

運動不足の時ほどしんどい。

先程の作業分解を

運動にも応用してみる。

今回はランニングを想定。

 

➀運動着に着替える

➁外に出る

➂ウォーミングUP

➃走る

 

これ、大体➀➁ができれば勝ち。

※➁で雨降ってたら負けるけど。笑

 

勉強は教科書を開けば勝ち。

或いは勉強時間を測るタイマーを

押したら勝ち。

 

ここでいう「勝ち」とは

それをやりたくない自分に勝った

ということ。

 

やる気が出ないからやらない

というのは

自分に敗けている。

なぜなら、やる気があるかどうかは

結果にあまり関係がない。

やるかどうかが重要だからである。

 

やらない理由を行動に転化する

 

やる気があってもやらなければ意味なし。

ブログ書きたいけど書かないのと同じ。

 

 

やらない理由があるなら

行動に転化すべし。

 

ネタがないから書かない、書けない

ネタを探す、作る

(インプットする)

 

時間がないから書けない

他にやっていることで何かを止める

(ネットサーフィン減らす、など)

 

やらない理由をやらない理由で

終わらせるのは心地いい。

なぜなら

いつまでも進展しなくて済むし

問題解決のための具体的な行動を

起こさなくていいから。

 

※もちろん、長期的にみると

 挑戦しなかったという後悔だけが

 残るので損失である。

 

やらない理由を「行動」に

言語変換して動く。

 

ハードルが高いなら

1日これくらいならできそう

というところまで作業を分割する。

(1日10分ブログに割くなど。)

 

どんなに美味しい食べ物も

1口ずつしか食べられない。

どんなに早く移動できる乗り物も

1日に進める距離は決まっている。

 

ネガティブな言い方になるけれど

今日1日できることには限界がある。

作業を分割して、できることからやる。