KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

どう括るか

昔よく聞いた言葉。

ネットの情報は信用できない

本当にそうだろうか?

 

今やネットの情報こそ

最新情報である。

もちろん、フェイクニュースも多いし

自分にとって不要な情報も多いので

注意は必要だけど。

 

ネットの情報は信用できない

ということは

ネットの情報=信用できない

として括っているということ。

 

今の時代でこの括りをすると

情報を得るのはなかなか難しい。

 

情報に限らず

様々なモノを括るというのは

日々の意思決定を左右する

重要なことである。

 

目次

 

危険な思考

その辺に転がっている危険な思考。

例えば金持ち=悪

こういうのは大体

イメージでそうなっている。

 

金持ちの不祥事が取りざたされるから

金持ちのことが目立つのである。

 

一部の悪い金持ちが

他の金持ちの印象まで

悪くしていると言える。

 

また、金持ちが多額の税金を

納めているから財政赤字の日本は

何とか成り立っている。

と言えなくもない。

 

金持ちを糾弾する人はまず

金持ちより

税金を納めているのだろうか。

納めていないのだとしたら

その人が受けている行政をはじめとした

サービスは金持ちのおかげかもしれない

ということを今一度考えた方がいい。

 

金持ち=悪で括る人というのは

イメージが先行している。

 

括りは変わる

例えば、瞑想=怪しい

僕もはじめは

瞑想は怪しいものだと思っていた。笑

 

しかし、いざやってみると

全然怪しくなかった。笑

今や僕の1日に欠かせない習慣である。

毎日瞑想をしていて、

瞑想無しに僕の1日は始まらない。

 

自分がやっていることに

怪しいという思いを抱くことは

ほとんどない。

 

以前の僕にとっては「瞑想」は

怪しい存在だったけれど

今の僕にとっては欠かせない存在である。

 

瞑想の括りが変わったのである。

 

このようにして

括りが変わるということは

ザラにある。

 

それは価値観の変化とも言えるし

心の変化、やりたいことの変化、

興味・関心の変化とも考えられる。

 

幼い頃見ていたアニメを

いつの間にか

全く見なくなったりするのは

誰しもあるはず。

 

これは括りが変わったのである。

面白いと括っていたアニメが

面白いではなくなる。

 

時間と成長は括りを変えていく。

 

括りは今後も変わる

社会の価値観も変わるし

僕らの価値観も変わる。

 

売れてた芸人が売れ続けることもあれば

急にテレビから消えることもある。

 

僕たちはまるで呼吸の如く

何かを何かで括って生きている。

 

しかし、括らなければ

いつまでも迷い続けて

優柔不断のまま決断できない。

 

括りとは、

自分はこう思うから

これを選択する

という1つの意思表示なのである。

 

僕たちは今日、何を選択するのだろう。

選択しなかった側の人生がどうなったかを

知ることはできない。

 

目の前の選択を大切に。