KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

自由に書く楽しさ

このブログは「自己改善」を

テーマにしているものの、

一貫して自己改善についてだけを

語っているわけではない。

 

僕が好きなように書いている。

 

最近では「です」「ます」調もやめて

まるで誰かに語りかけるかの如く

キーボードを叩いている。

 

自由に書くのは楽しい。

完全に自己満足に

過ぎないのだけれど。笑

 

ただし、読者がいるということは

少なからず読んでくださる人が

いるということ。

 

これほど、ありがたいことはない。

 

目次

 

自由に書くと続く

「文章を自由に書いていい」

と言われると

全く書けない人と

たくさん書ける人がいる。

 

僕は後者。

 

しかし、以前は前者だった。

テーマが決まっていると

それに沿って書くことができる。

ネタに困らない。

 

テーマに関連した情報を探して

自分の中で落とし込んで

自分の言葉に変換するだけ。

 

しかし、テーマを絞り過ぎると

いずれ飽きる。ネタがなくなる。

特にテーマが問題提起タイプだと

結論が出た時に書くことが一気になくなる。

 

テーマ以外のことが

書きたくて書きたくて

しょうがない状態になる。笑

 

これが理由で旧ブログは止めた。

 

書きたいことはいずれ変わってくる。

これはテーマを絞っていても

絞っていなくても起きる。

 

そのために自由に書く環境が欲しかった。

 

これが今のブログの設立経緯でもある。

 

自由に書けるからハードルが低い。

とにかく書ける。

 

自分が日頃思ったことや感じたことを

メモに取っておくだけで

ネタになる。

 

他人の考え方に疑問を持ったり

自分なりに考えて行動したことも

全部ネタになる。

 

それらを言語化することで

自分なりに情報を整理する。

 

インプット

アウトプット

フィードバック

の3段サイクルが勝手に生まれる。

 

ブログ書けない理由は不自由

ブログはそもそも書かなくていい。

書きたい人だけ書いた方がいい。

書けないことをストレスに

感じるくらいなら書かないのが正解。

 

「ブログを書く=楽しい」が理想。

楽しいことは勝手に続く。

ブログ書かないとストレスになるレベル。

(ある意味不健康。笑)

 

ブログを書けないというのは

その人の価値観としては正しい。

書けない=ブログ書くのが楽しくない

だから。

 

一方で

書きたいけど書けない

という人もいる。

 

この場合は

ハードルを下げまくる必要がある。

 

・時間を掛けていい記事を書く

・毎日書きたい

・有益な情報を発信したい

 

という稼ぐブロガーが

実践していそうなことは

一切無視して書く。これだけ。

 

ブログでいきなり稼ぐのは

よほどの有名人・インフルエンサー

でもない限り不可能。

 

まずブログを書く

というところから始めるにあたって

 

・有益な情報発信はできない。

・毎日書くこともできない。

・良い記事書いても記事1本の負荷が

 大きすぎて書くのが億劫になる。

 

自分が好きなテーマを発信する。

「これならいくらでも語ることができる」

と言えるもの。

それも自由に発信する。

(もちろん、有害サイトと

 思われるような言動はNG)

 

・こう書くべきだ

 

というのは捨てる。

ブログ書く時間が取れない人は

変なこだわりから捨てないと

永遠に1本も書けない。

 

変なこだわりは人を不自由にする。

もっと楽に楽しく書ける方向でいく。

 

楽に楽しく書けることを

継続していけば

勝手に書ける量は増えるし

書けるテーマも増えてくる。

 

背負うのを止める

ブログで稼がないともう後がない…

という人でない限りは

もっと楽に書いていいと思う。

 

記事1本1000字以上なんて法律はない。

有益じゃないとダメという法律もない。

アンチコメントが怖いなら

コメント欄閉鎖すればいい。

楽しくないなら書かなくていい。

毎日更新しなくていい。

アクセスもお金も稼げなくていい。

 

勝手に背負うと無自覚に苦しくなる。

 

去年本格的にブログやってて思ったのは

 

稼ぐ土台作りのためにアクセス増やそう

ということ。

しかし、

僕の場合これを意識すると

全く書けなくなった。

 

もちろん、稼ぐ意識で書ける人は

どんどん書くといいと思う。

 

ただ、稼ぐことが目的になると

お金が稼げるまで続くかは怪しい。

 

立花さんの本を読むと分かるが

ブログ等で稼ぐには「好き」が前提。

そもそも好きなものだから

継続して発信することで

ファンを獲得して、

やがてお金が稼げるようになる

という構図。

www.kinyokumens.com

 

自由に書くのが好きな人は

自由に書いた方がいい。

それがあなたの最大の武器である。