KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

同じ過ちを打破せよ

3度の飯より自己改善!

こんにちは。KMです。

 

本日は

「同じ過ちを繰り返す状況を

 打破する方法」

について考えていきます。

 

目次

 

フィードバックする

同じ過ちを防ぐには

過去から学ぶ必要があります。

 

僕がこのブログでよくやっている

フィードバック(振り返り)

です。

 

www.kinyokumens.com

 

フィードバックは

同じ過ちを防ぐのに

最適な手段だと思います。

 

過ちに対するフィードバックの

アプローチとしては

 

1.原因を突き止める

2.原因を取り除く方法

3.実際の行動

 

の3段階です。

 

例えば、

運動を始めたいけど

時間がない。

先月、運動ができなかった

という悩みがあるとしましょう。

 

この場合、

原因はハッキリしています。

時間がない

ということです。

 

時間がないなら作るしかありません。

時間を作る方法は

「日々取り組んでいることのうち

 何かをやめること」です。

 

www.kinyokumens.com

 

1日は誰しも24時間なので

時間がないなら作るしかありません。

何かを削ることができないなら

運動することは諦めましょう。

 

先程のフィードバックの手順に

照らし合わせると

 

1.運動したいけど時間がない

2.時間が無いので他のことを止める

(スマホの時間を制限するなど)

3.実際に生み出した時間で運動する

 

という感じになります。

 

再発防止策の遂行

過ちは誰にでもあります。

 

・人間関係

・仕事

・怠惰に過ごすこと

 

など。

後から公開することも多いです。

 

しかし、ここで一番大切なのは

再発防止策を徹底することだと

思います。

 

同じ過ちを繰り返すことが

一番の過ちです。

 

一度間違えたら

二度と同じことをしないように

意識していきましょう。

 

そのためのフィードバックです。

一度記録に残しておくことで

仮に再度同じミスをしたとしても

もう一度ミスの原因等を

前回と照らし合わせたりして

ミスしない方法を検討して

いきます。

 

過去から学ぶ姿勢が

現在の生き方に出てきます。

 

最大の過ちは

「ミス」そのものではなく

「同じミス」を繰り返すことに

あるのです。

 

過ちはポジティブに捉えれば

のびしろですねぇ。(本田圭佑)

 

のびしろと捉えれば

ポジティブにフィードバック

できるのではないでしょうか。

 

同じミスは

同じ行動パターンから

生じていることが多いです。

 

フィードバックしてみて

同じ行動パターンを防ぐことから

始めてみましょう。

 

同じ過ちの弊害

同じ過ちを繰り返すことの

弊害とはなんでしょうか。

 

それは、

諦めがちになることです。

 

「これはどうやってもミスする」

「どうやってもできない」

 

という理由づけが癖になります。

他のミスにも同様の言い訳を

するようになってしまうと

周囲との関係に軋轢が

生まれる可能性もあります。

 

加えて危険なのは

過ちを正当化すること。

「こうなることは分かってた」

「こうなる運命だったのさ」

「俺はこういうやつだから」

とか言う前にフィードバック

しましょうよ。笑

 

防げる行動パターンが

あったかもしれないのに

言い訳にするのは

もったいないです。

 

先程も言いましたが

過ちはのびしろなのです。

 

のびしろは素直に振り返るに

限ります。

 

過ちを認めずに隠蔽して

それが明るみに出て

問題になった企業は多いです。

 

人間も同じじゃありませんか?

 

長い間放っておいた過ちが

いつかとんでもない形で

姿を現すことになるかもしれません。

 

今ならまだ間にあります。

フィードバックしましょう。

 

まとめ

過ちはつらいです。

ミスはつらいです。

しかし、のびしろです。

 

社会的に許されない過ちでなければ

やり直すことができます。

 

フィードバックをして

同じ過ちを繰り返さない方法を

模索していきましょう。

 

自分だけの問題でないなら

他人をも巻き込んで

フィードバックしましょう。

 

人を巻き込むことで

新たな視点も得られるはずです。

 

本日は以上です。