KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

止めた後に本当の大切さを知る

3度の飯より自己改善!

こんにちは。KMです。

 

本日は

自己改善の本当の大切さを知る瞬間

についてお話していきます。

 

目次

 

自己改善を止めた後

何事もそうですが

僕たちはそれが存在して当たり前

という認識を日頃持っています。

 

それ故に、様々なものを

失ったときに初めて

その存在の大切さを知ります。

 

これは自己改善にも

同じことが言えるのです。

 

自己改善の本当の大切さを知る時は

その恩恵を受けたときではありません。

それは

「自己改善を止めた後」なのです。

 

自己改善を止める。

そしてしばらく時間が経つ。

すると、明らかに

自己改善をしていた頃よりも

調子が落ちています。

 

「ああ、やっぱり自己改善

 やっとけばよかった。。」

 

この瞬間こそが

自己改善の重要性に気づく

瞬間なのです。

 

慣れてくると効果を感じにくくなる

自己改善は日々継続していくと

ルーティン化してきて

人によっては飽きます。笑

 

飽きるならまだしも

効果が感じにくくなります。

 

人間は慣れてくると

それが当たり前状態になるのです。

これは良いことにも

悪いことにも作用してしまいます。

 

運動を全くしなかった人が

運動をするようになれば

それは素晴らしい変化です。

その後、痩せて肉体もイイ感じに

仕上がったタイミングで

運動を止めてしまうとしましょう。

 

「もう十分良い体になったし、

 運動しなくても

 痩せてるから大丈夫!」

 

なんて思ってしまうかもしれません。

この場合、残念ながら

運動という自己改善が

あるからこそ、この体型になれた

という事実を忘れてしまっています。

 

痩せることを目的に運動して

リバウンドするパターンがありますが

目的を達成するにつれて

自己改善の効果を感じにくくなり

ピタっと止めてしまうのです。

 

そして思い知るのです。

「ああ、自己改善

 やめなければ良かった。」

と。

 

何度でもやり直そう

自己改善は幸い、

誰かに強制されるものではありません。

 

自分がやりたい自己改善ができます。

しかし、その自由度ゆえに

その大切を忘れてしまい

止めてしまう人がいるのです。

 

止めた後に大切さを知ったなら

やることは一つです。

 

自己改善を再開しましょう。

過去に自己改善を継続した

強靭な意志力があれば

もう一度自己改善を

習慣化できるはずです。

 

何度でも立ち上がり

何度でも挑戦しましょう。

 

自己改善は誰でも止めることができる。

一方で

誰にでも始めることができるのです。

 

その手軽さゆえに

大切さを見失いがちですが、

見失わないためにも

自己改善を実践している際の

自分の調子をぜひ、

言語化して記録してください。

 

 

www.kinyokumens.com

 

記録は継続を助けますし、

自己改善の恩恵を、

止める前に

思い出させてくれる存在になります。

 

止めた後に大切さを知るのも良いですが

可能であれば日頃からその大切さを

噛みしめたいものです。

 

大切さを理解すればするほど

自己改善が加速するからです。

 

まとめ

僕たちはなぜ

失ってからじゃないと

物事の大切さに

気づけないのでしょうか。

 

いえ、日頃から意識すれば

できるはずなんです。

 

そのために記録という

ツールを活用しましょう。

 

自己改善に限らず

感謝の記録をつけるのもお勧めです。

メンタルにいい影響があります。

 

自己改善を止めて大切さを知ったなら

もう一度手に入れましょう。

 

なぜなら自己改善はいつも

すぐそばにあります。

行動さえ起こせば手に入る位置に

常に存在しているのです。

 

本日は以上です。