KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

コントロールできる範囲

3度の飯より自己改善!

こんにちは。KMです。

 

本日は

「コントロールできる範囲」

というお話をしていきます。

 

目次

 

僕が自己改善をする理由

当たり前のことですが

他人は変えられません。

 

コントロールできません。

そこで、僕はいつしか

コントロールできないものに

時間とエネルギーを割いていると

いつの間にか

人生終わってしまうんじゃないか。

と思いました。笑

 

他人を変えられないという事実は

受け止める。そして

自らは何もしないのではなく

ひたすら自己改善する。

 

 

変えられるもの

(=コントロールできるもの)

にフォーカスした方が

確実に結果が出ます。

 

自分を変えるのはそんなに

大変ではありません。

他人よりははるかに

コントロールしやすいと思います。

 

一方で

コントロールできないものに

その日の時間・体力・気力を

奪われることほど

苦痛なことはありません。

 

自己改善だけではありませんが

自分がコントロールできることに

力を注力した方が

ストレス少なく過ごすことができます。

 

人生はあっという間に終わる

突然ですが、

人はいつ亡くなるか分かりません。

コントロールできないものに

時間とエネルギーを注いで

「人生楽しかったなあ!」

と思ってあの世へ行けるでしょうか。

 

コントロールできないことの例

 

・芸能人のゴシップ

・遠い場所での出来事

 

自分は何でも思い通りにできると

思い込んでいませんか?

そのマインドセットで生きると

自己肯定感は上がりますが

コントロールできないことまで

思い通りにできると思っている場合は

要注意です。

 

何もコントロールできないまま

人生が終わる可能性があります。

 

もちろん、結婚したり

子どもができたりすれば

それはもう他人ではありません。

同じ家に住む人として

気にかける必要があります。

 

しかし、自分の力が到底及ばないような

場所での出来事に心を左右されていると

ニュース1つでその日のあなたの

気持ちは左右されてしまいます。

 

本来はそんな日々よりも主体的に

楽しく生きたいはずです。

 

他人は変えられない例

誰かがあなたに相談しに来たとします。

あなたは正しいアドバイスをしました。

相手はそれを実行しませんでした。

イライラしますか?

 

正しいアドバイスをしたとしても

それを実践するかどうかは

相手次第です。

 

この場面でイライラするということは

相手はコントロールできると

思い込んでいることに他なりません。

 

そもそも相手はあなた以外にも

相談しているかもしれません。

複数のアドバイスをもらった場合

どれを実行するもしないも

相手次第なのです。

何も実行しない可能性もあります。

 

本日のタイトルを思い出して下さい。

他人は変えられません。

 

他人以外にもコントロールできないものはたくさんある

 

では、もう1つ例を。

(次の例は人ではありません。)

 

あなたは日々自己改善に取り組み

THE・健康と言えるような

日々を送ってきました。

しかしある日、がんになってしまいました。

落ち込みますか?

イライラしますか?

 

これはどうしようもありません。

どんなに健康に気をつかっていても

がん細胞というのは人体に

一定割合で存在しているからです。

 

いわば防ぎようがないのです。

「身体を大切にしていれば

 生涯、病気にかかることはない」

というのは間違っています。

確かに、病気にかかる可能性は

下がります。

あらゆる生活習慣病のリスクは

激減するでしょう。

しかし、それはリスクゼロを

補償するものではないのです。

 

正しいのは

「身体を大切にしていれば

 生涯、病気にかかる可能性を

 下げることができる」

です。

 

ある段階まではコントロールできるけど

ある段階からはコントロールが

効かないのです。

 

対人関係に限らず

自分のコントロールが及ぶ範囲と

及ばない範囲をしっかりと見極めないと

あっという間に

コントロールできないものが主導で

人生が終わります。

 

まとめ

コントロールできることには

限界があります。

それを見定めたうえで

行動と気持ちを制御していきましょう。

 

例えばむかつく人がいたとします。

その人のことを考えたり

その人のことで腹を立てたりすると

気持ちがその人に

乗っ取られているかの如しです。

 

むかつく人に

時間とエネルギーを費やす自分

 

ということを自覚してしまうと

今度は自己嫌悪です。

はじめからコントロールできないものに

時間とエネルギーを割くのは

止めましょう。

他人はあくまで他人。

その張本人しか変えることは

できないんです。

 

※もちろん、こちら側の対策として

 今後この人とどう付き合っていくかを

 考える必要はあります。

 「どう付き合うか」は

 こちらがコントロールできること

 だからです。

 

気分転換しましょう。

自己改善じゃなくても良いんです。

コントロールできないものに

時間とエネルギーを割くくらいなら

自分が楽しいと思う

気晴らしをしてください。

 

コントロールできないものより

コントロールできるものを。

より主体的に生きましょう!

 

本日は以上です。