KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

自己改善をどう捉えるか?

3度の飯より自己改善!

こんにちは。KMです。

 

本日は当ブログのメインである

自己改善について

定義を再確認していきましょう。

 

 

自己改善とは?

自己改善とは

昨日の自分よりも何か少しでも

成長していること

と僕は定義しています。

 

勉強、読書、運動

瞑想、食事管理、睡眠改善

スマホ使用時間制限

なんでも構いません。

 

ただし、自分が成長しない行為を

都合よく解釈して自己改善と捉えるのは

止めましょう。

 

身体的・精神的に悪影響を及ぼす行為は

自己改善とは呼べません。

夜更かし、運動不足、物事の先延ばし

など。

数えればキリがありませんが

これらを都合よく解釈して

自己改善だと思い込むのは危険です。

 

改善どころか日々

体調を悪くしていくからです。

 

ここで注意しておきたいのが

一般的に健康とされていること

が自分に合わない場合です。

 

自分に合わない自己改善はやらない

自己改善は

やってみて調子が良くない場合が

あります。

 

万人に合う自己改善は

無いと思っていいです。

 

自己改善は万能薬でもなければ

魔法でもありません。

 

それぞれ、人によって

合う・合わないの組み合わせがあります。

 

例えば、食事改善がそうです。

一般的にヨーグルトや納豆は

健康に良いとされていますが

アレルギー反応が出る方もいます。

その場合、

無理やり摂取する必要はありません。

 

また、呼吸器、臓器に異常を

抱えている方も強度の大きい運動を

やる必要はありません。

 

文章を書くのが大嫌いなのに

ブログをやる必要はありません。

 

極端ですが

自己改善が楽しくないなら

やらなくていいと思います。

 

自己改善のプラスの影響よりも

楽しくないというストレスによる

影響が勝る可能性があるからです。

 

楽しくないことを続けても

幸せになる人はいません。

 

どうせ自己改善するなら

自分が楽しいと思える自己改善を

しましょう。

 

楽しくする工夫をお忘れなく

「じゃあ、運動が大嫌いな人に

 痩せるな!

 って言ってるようなもんじゃないか!」

というお言葉が飛んできそうですね。笑

 

楽しくないならやらなくてもいい

というお話をしましたが

自己改善は工夫次第で

楽しいものにできます。

 

その工夫も以前から紹介してきました。

例えば、記録(ログ)を残すということ。

 

www.kinyokumens.com

 

確実に自分の成長を振り返ることが

できるのが記録の強み。

そこから見えてくる自分の行動特性。

 

ダイエットであれば

・どういう時に運動をサボってしまうのか。

・どういう時にカロリーが高いお菓子に

 手を出してしまうのか。

 

まるで第三者目線から自分を観察できるのが

記録することの強みです。

 

また、SNSで自己改善について

発信するのもイイでしょう。

 

www.kinyokumens.com

 

自己改善アカウント等を

作成すれば自己改善コミュニティと

繋がることもできます。

 

更に良い情報も入ってきますし、

自分が発信者になる可能性も秘めてます。

SNSを記録(ログ)代わりに使用するのも

手ですね!

 

こういう成長記録は自己改善を楽しくする

1つのポイントだと思います。

 

長期的視点は楽しくないと持続しない

自己改善をどう捉えるか。

自己改善って楽しくないイメージ、

強いですよね。

 

それは自己改善が

手段に過ぎないから

なんです。

 

誰だって自己改善を続けた先の姿が

自分の理想であって、

その手段をスキップしたい!

と思ってしまいます。

 

しかし、すぐにその状態には

辿り着けません。

ラ〇ザップみたいに

短期で結果にコミットする方法も

無くはないですが、全ての自己改善が

そのようにうまく物事が運ぶものではありません。

長期的視点が必要なのです。

 

長期的視点を維持するには、

手段である「自己改善」を

楽しくすることが重要です。

 

楽しいことは続きます。

その自己改善自体が楽しくなくても

楽しくする工夫はできます。

 

1人で走るのが楽しくないなら

誰かを誘って走りましょう。

音楽聴きながら走りましょう。

周囲にそういう人がいなかったら

インターネット上のコミュニティを

探しましょう。

 

いろいろ試してみて

どうしても楽しくすることが

できなければその時は止めていいんです。

 

人生はやりたいことを最優先すべきです。

自己改善なんかほっといて良いんです。

 

まとめ

自己改善には

毎日確実に成長しているという実感が

心身共に豊かにしてくれる効能があります。

 

この効能を知った以上、僕は

自己改善をやめることはありません。

僕は自己改善を楽しんでいます。

 

また、こうやってブログで発信することも

自己改善の楽しみの1つになっています。

 

人によっては

「意識高い系で気持ち悪い」

というようなネガティブイメージが

拭えないと思いますが

やってる本人が楽しいので

どうにもなりません。笑

 

もし、自己改善に対するイメージが

「楽しくないもの」

であればアプローチを変えてみて

どうすれば「楽しくできるか」

にフォーカスしてみると良いかもしれません。

 

楽しくないことを楽しいと思い込め!

と言いたいわけではありません。

 

物事を楽しめる工夫を

自分ができる範囲で様々なことに

取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ということです。

楽しくなければ楽しくないで良いんですよ。

それが正直な感性ですから。

 

本日は以上です!