KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

多めのたんぱく質

3度の飯より自己改善!

こんにちは。KMです。

 

本日のテーマは

「多めのたんぱく質」で

お送りしていきます。

 

 

食事への違和感

 

筋トレしている方からすれば

これは当たり前の話かもしれません。

 

僕は以前、

食事に疎くなる場面がありました。

とはいえ、

ジャンクフードをガツガツ食べる

というわけではありません。

 

食事を抜いてしまうんです。笑

完全に抜くわけではなく

ご飯とみそ汁、だけ。というような

メニューにしてしまう場面がありました。

 

これは見直さねば。ということで

1日の食事を見直してみました。

 

メモ帳に1日の食事内容を

書いていきました。

1番足りないと感じたのが

たんぱく質でした。

もちろん、他にも足りない栄養素は

ありましたが、基本的な栄養素の中でも

たんぱく質が足りないと感じました。

脂質・糖質に対して圧倒的に

たんぱく質が不足していました。

 

僕は普段、

1日30分くらい運動しています。

それを踏まえると

使った筋肉、身体の疲労を

回復するための栄養素である

たんぱく質が補給不足である

ことは明白です。

 

これは長期的に考えると、身体に

ただダメージを与えているだけに

なってしまうと思いました。

 

回復にも意識を向ける

 

運動というのはやはり

回復もセットなんですよ。

 

当時は睡眠も長くなりがちでした。

8時間寝てもスッキリしない。

僕の普段の睡眠時間は

7,8時間程度なのですが

それでもスッキリしないというのは

身体が回復しきれていないサインだと

思いました。

 

現時点で、

当時の身体に起きていたことを

解釈してみると

たんぱく質が足りない分を

睡眠で補おうとしていた

という印象です。

 

そこで僕は先月辺りから

たんぱく質を

自分の体重✖2g

摂取するようにしてみたのです。

(僕の場合、約130g)

 

夜に食べ過ぎても仕方ないので

朝食・昼食で

100gはクリアするようにしました。

 

摂取例

・ゆで卵

・魚の缶詰

・納豆

・豆乳

・豆腐

・プロテイン

・BCAA

※この他にも肉類等ありますが

 省略します。

 

これらをうまく組み合わせて

130gを突破するようにしました。

 

たんぱく質100gというのも

なかなかです。

結構お腹に溜まる感じがしました。

この食生活を始めてから、

筋トレでも変化が起きました。

 

変化

いつも通りダンベルで

トレーニングしたところ、

筋トレ後の疲労が段違いでした。

 

僕はいつも筋トレの後、

ダラダラ過ごしてしまうのです。

しかし、

たんぱく質が体にチャージされている

おかげでしょうか。

筋トレ後に勉強等に取り組んでも

全然苦痛ではないのです。

また、睡眠時間が無駄に伸びる現象も

改善されました。

今は7時間寝ればOKです。

 

たんぱく質が足りない人は

エネルギー・栄養不足かもしれません。

僕の場合はたんぱく質が

足りないことによって

カロリーも不足していたと

推測しています。

 

たかが食事でそこまで変わるか?

という意見もあるかもしれませんが

人間の原動力の1つです。

見直せば今以上の

パフォーマンスが期待できます。

 

そうでなくては

アスリートが食事に拘る意味もない

ですからね。笑

 

ここ最近調子がいいので

これを継続していきます。

 

まとめ

1日の栄養素。今一度振り返ってみては

いかがでしょうか?

 

疲労が抜けない皆様。

その疲労、勉強のせいでしょうか。

その疲労、仕事のせいでしょうか。

 

もしかしたら、

何かしら足りない栄養素が

あるかもしれませんよ!

 

本日は以上です。

 

なお、今回の記事はRadiotalkの

KMチャンネル第15回

「たんぱく質を多めに摂ろう」

を文字起こしして加筆修正を

加えたものです。

第15回 タンパク質を多めに摂ろう - KMチャンネル - Radiotalk(ラジオトーク)