KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

先延ばしをやめる

こんにちは。KMです。

 

本日は「先延ばしをやめる」

という自己改善についてお話をしていきます。

 

 

先延ばしをするとストレスになる

物事の先延ばしはストレスになります。

パーキンソンの法則 第1法則によれば

 

仕事の量は、

完成のために与えられた時間を

全て満たすまで膨張する

ということになっています。

 

つまり、ある作業に対して

3時間の時間が与えられたら

その3時間をフルに使ってしまうということです。

 

仕事にもよりますが、学生であれば提出物・課題と

言い換えることもできるでしょう。

 

与えられた時間よりも早めに期限を設定して

このパーキンソンの法則が発動するのを防ごう!

 

というのが本日のテーマになります。

先延ばしって何だかんだストレスなんですよね。

 

夏休みを思い出してください。

少なくとも宿題に責任感を感じている場合、

 

宿題が終わっていなければ

友達と遊んでいても、頭の片隅には

 

「あ~宿題おわってないや~」

という思考が浮かんできます。

(僕はそうでした。笑)

 

これがストレスになります。

さっさと終わらせてしまえば

このストレスはありません。

 

また、このストレスは仕事・課題が

終わるまで続きます。

 

見切り発車する

見切り発車とは、

議論などが十分に尽くされていない段階で

決定を下し、実行に移ること。

すなわち、早めに動き出すことです。

 

早めに終わらせることが難しくても

早めに手を付けることはできます。

 

なかなか早めに手を付ける人はいません。

それだけでもリードすることができます。

 

もし、見切り発車がうまくいって

早めに終わらせることができれば

 

自由な時間を獲得できます。

僕はこれを見切り発車した者だけが得られる

 

ボーナスタイムと呼んでいます。笑

この時間はどう過ごしてもいいのです。

 

自分が頑張ったご褒美ですから。

ただし、

このブログを覗く意識の高い方々には

 

更に上を目指してほしいと思います。

このボーナスタイム

自己投資に充ててしまいましょう。

 

周りが仕事・課題を終わっていない段階で

ボーナスタイムを獲得し

それを自己投資に充てる。

 

倍速で成長出来ます。

読書、勉強、運動、自己改善など

自分の成長に繋がるものであれば

何でも構いません。

 

キツイ時は休息に充てるのも

今後に向けた

エネルギーの補給になるでしょう。

 

最強のサイクル

見切り発車

ボーナスタイム(自己投資)

見切り発車

ボーナスタイム(自己投資)

以下略

 

見切り発車が最強のサイクルを

創り出したらもう、楽です。笑

 

倍速で成長しているので

自己肯定感も上がりますし、

時間に余裕が生まれるので

多くのチャンスを手にすることになります。

 

見切り発車とは

一つのタイムマネジメント術なのです。

ただし、この最強のサイクルは

崩れると厄介です。笑

 

とはいえ、自己投資による成長があれば

立て直しやすいものだと思います。

 

時間的余裕は精神的余裕。

車の運転が粗い人は

遅刻しそうで急いでいる人が多いです。

 

コンビニで店員に待たされて

イライラしている客も

時間に余裕がありません。

(コンビニ店員が悪い場合もありますが。笑)

 

先延ばしをやめる、という習慣を

日常生活のあちこちに

張り巡らせることができれば

 

時間的余裕を獲得するのは

そう難しくないと感じています。

時間的余裕があれば

精神的な余裕も付いてきます。

 

共に、最強のサイクルを

獲得していきましょう。

 

まとめ

物事の優先順位を確認しましょう。

当然、

期限が近いものから手を付けていきましょう。

 

期限がかなり先でも、

少しは手をつけておきましょう。

 

今日1日生み出した時間の余裕が、

やがて未来の僕達を助けてくれます。

 

どうせなら、

未来の自分に恨まれるよりも

未来の自分が感謝するように、

今日1日を過ごしたいものです。

 

そうすれば、後悔のない人生が

歩めるのではないでしょうか。

 

何か期限が迫っていることがあれば、

早めに動き出しましょう。

 

あらゆるチャンスが広がります。

また、間違った方向に進んでしまっていても

 

早めに軌道修正をかけることができるのが

見切り発車の強みです。

 

より効果的に時間を使えると思いませんか?

僕もまだ、完全に先延ばし癖を

無くせているわけではありません。

 

このブログを通じて、

共に改善していきましょう。

 

本日は以上です。