KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

点鼻薬は止めた方がいい

こんにちは。KMです。

本日は点鼻薬について

お話をしていきます。

 

 

点鼻薬って何?

点鼻薬とは、

鼻に薬を噴射するものを言います。

 

鼻にツンときますが、

かなり鼻の通りが良くなります。

鼻づまりが消えます。

 

鼻の通りが良くなる、

まさに夢のようなアイテムです。

口呼吸の寝苦しさもこれでおさらば!

 

と言いたいところなんですが、

僕はこのアイテムにデメリットを

感じて使用を完全に止めました。

 

実は先月までの約4年間、

僕は点鼻薬を使っていたのですが

現在は完全に使用を止めています。

 

その理由についてもお話していきましょう。

 

使用するなら短期間

どの薬にしてもそうですが、

1日の使用回数が決まっています。

 

点鼻薬なら1度に1~2回の噴霧。

これを1日3~6回まで。

 

使用の間隔は3時間以上開ける。

(商品によって差があるので、

 必ず確認してから使用してください。)

 

というようなルールがあります。

これを守らないと

 

鼻が点鼻薬に慣れてしまい、

点鼻薬無しでは鼻づまりが

治らなくなってしまいます。

 

コーヒーを飲み過ぎて

カフェイン無しで

起きられなくなるのに似ていますね。

 

また、使用するのは

短期間にした方がいいです。

用量を守っていても 

長期に渡る使用は

点鼻薬無しで鼻づまり解消が

できなくなります。

 

極端な言い方をしますが、

点鼻薬無しでは鼻呼吸が困難になります。

 

生活リズムが鍵

そうは言っても、鼻づまりは辛いです。

僕自身がアレルギー性鼻炎だから

よく分かります。

 

しかし、

そこで点鼻薬に頼ってばかりいると

点鼻薬無しで生きられなくなります。

 

僕は点鼻薬に頼っている頃、

毎晩夜中に鼻づまりで目が覚め

点鼻薬を使用してからまた眠る。

 

という睡眠サイクルでした。

この鼻詰まりの悪化は

生活リズムが狂っている時に

よく起こりました。

 

(これも日々の記録を

 取っていたおかげで

 分かったことです。)

実はこの鼻詰まりの大きな原因は

夜勤のアルバイトだったのです。

 

現在は夜勤のアルバイトを辞め

早起き✖カフェインレスを実践中です。

詳しくは以下記事参照。

 

kmslightedge.hatenablog.com

 

早寝早起きを心がけ

生活サイクルを見直すように

なりました。

まだ鼻づまりはありますが

気にならないレベルにまで

回復しました。

 

点鼻薬に頼る前に

生活習慣を見直す方が先です。

そして、思い切って点鼻薬を

捨てる勇気も必要です。笑

 

今回、早寝早起きを実践するにあたり、

思い切って点鼻薬を捨てました。笑

 

まとめ

点鼻薬は使わないに越したことはありません。

長期間使用していると

鼻の調子もおかしくなりますし、

 

自然な鼻呼吸までも失ってしまいます。

また、点鼻薬は必ず反動が来ます。

 

点鼻薬で開放的になった鼻腔は

時間が経つと鼻づまりが悪化します。

 

これって本当に薬なんだろうか。

と思っている今日この頃です。

 

結局のところ「その場しのぎ」に過ぎない。

そのように感じるのは僕だけでしょうか。

 

鼻づまりに悩んでいる皆さん。

片鼻だけでも通っているなら

それが普通です。

 

それが普通の鼻呼吸です。

本来、両鼻が通っている必要はありません。

 

鼻から呼吸ができれば良いのです。

点鼻薬で無理やり両鼻の詰まりを

こじ開ける必要はありません。

 

寝るときも、

横向きで寝ると仰向けよりも

鼻が通りやすくなるなど 

工夫すれば鼻呼吸を促進する手段は

あります。できれば、

点鼻薬には頼って欲しくありません。

 

点鼻薬を止めればお金も節約できますし

鼻が本来の機能を取り戻すことができます。

 

鼻が通っても完治するわけではなく、

その場しのぎなのです。

 

僕も止めました。

もし、まだ使っている方がいらっしゃれば、 

一緒にやめましょう。

 

本日は以上です。