KM's BLOG

日々の自己改善で人生を彩るブログ。

MENU

早起き✖カフェインレス

早起きは気持ちがいい。

僕は4月から社会人ということもあり、

早急に生活リズムを整える必要がある。

 

大学でだらしのない生活リズムで

生きてしまったので直そうと思った。

 

ついでにカフェインで身体を起こすのも

体にあまり良くなさそうなので

カフェインレスも実践してみることにした。

 

本日は現在実践している

「早起き✖カフェインレス」についてのお話。

 

目次

 

早起きについて

僕はつい最近まで

夜勤のアルバイトをしていた。

(約3年8か月)

昼夜逆転しながらの大学生活

というかなりハードな時間を

過ごしてきた。

 

このアルバイトをやったのは

精神的に強くなりたいという思いから。

ただ、その前に身体が壊れなくて

よかった。笑

 

しかし、4月からは社会人。

さすがにこの生活リズムのまま

その時を迎えるわけにはいかない。

 

というわけで、Twitterを活用して

絶賛「早起きチャレンジ」に挑戦している。

 

 

早起きチャレンジはなぜか「いいね」

がたくさんもらえる。

 

承認欲求のある方にはオススメ。笑

 

早起きをすることで

勝手に夜に眠くなる状態を作ろうと

画策した結果、

最近は21~22時辺りには

勝手に眠くなる。

 

夜勤をやっていた頃には

考えられない出来事である。

 

また、朝の時間は生産性が高く

いつもより多くのことを

こなすことができている。

 

早起きチャレンジを始めた

最初の1週間はあまり感じなかったが

徐々に身体が適応してきて

今は朝の方が調子が良い。

 

睡眠時間が足りなければ昼寝(15~25分)を活用するのもオススメ。

午後の生産性低下を防ぐことができる。

 

カフェインレスについて

僕は過去に何度かカフェイン抜き

(カフェインレス)に挑戦してきた。

その度に調子が良くなるのを

実感しておきながら、

またコーヒー漬けの日々に戻る。

 

ということを繰り返してきた。

今回の早起きチャレンジもはじめのうちは、

コーヒーに頼って早起きしていた。笑

 

夜勤アルバイト時代にも活躍したコーヒーだがデメリットを感じていた。

 

・そもそも僕自身がカフェインに敏感な体質

・トイレが近くなる

・歯が黄ばむ

・口臭の悪化

・カフェイン無しで起きれなくなる

・夜中に起きる

・14時以降に飲むと寝れなくなる

・カフェイン減らすと頭痛がする

・カフェイン無しでパフォーマンスを上げるのが難しい

・気分が上がり、落ち着かない

 

立派なカフェイン依存体質に

なってしまっていた。笑

適量なら良いのかもしれないが

 

1日3杯以上は飲んでいたので、

「いっそ絶ってしまおう」という決意の下、

カフェインを絶っている。

 

今日で5日目になるが

かなり睡眠の質が改善された。

メリットを述べていく。

 

・コーヒー無しで起きられる

(水・白湯が最強)

・夜中に目覚めない(中途覚醒なし)

・尿意が近くなくなった

・食後の気だるさ、眠気がない

・気分がフラット(落ち着いている)

 

といったところ。

カフェインを絶って数日は

かなり頭痛と眠気に苦しんだ。

 

そこを過ぎればあとは

「本来の自分」を取り戻すことができた。

水がカフェインのように感じる。笑

(水で目が冴える)

 

コーヒーは健康的な成分が多く含まれている。

そのため、コーヒーが悪だと

言いたいわけではない。

 

しかし、万人がコーヒー、緑茶を始めとした

カフェインに耐性があるかというと、

そこには疑問がある。

 

妊婦さんが飲むのは控えた方がいい飲み物

(カフェイン飲料)ということは、

少なからず刺激物であることは

疑いようがない。

 

僕はどうやらカフェインの影響を

過敏に受けてしまう体質のようである。

カフェインを絶っている時の方が

調子がいいものだから。

 

夜勤アルバイト時代は飲まないと

夜中起きられないので仕方なく

飲んでいたけれど、

それが過剰に飲んでしまうという

悪習慣を招いていた。

 

たまに嗜む程度なら問題ないのかもしれない。

くれぐれも飲み過ぎには気を付ける。

 

今後もしばらくはカフェインを絶っていく。

 

まとめ

何事も人には合う・合わないがある。

コーヒーを飲むことでパフォーマンスを

維持している人が無理に絶つ必要はない。

 

僕がただカフェインに弱い体質

というだけの話。

また、夜型の方が生産性が

上がる人だっている。

 

今回のお話はあくまでも

僕の調子が上がった事例にすぎない。

 

もし、カフェインの摂取量や夜型の生活に

違和感を感じているのであれば、

取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

現代はカフェインレスコーヒーなどもある。

また、無理のない範囲でカフェイン減から

始めてみるのもイイと思う。

 

カフェインの離脱症状で頭痛等の症状が出る

可能性があるので

チャレンジする方は休日をおススメする。

(平日だと仕事にならないかも。笑)